動画と文章コンテンツ、どっちが効果的?

2023年 1月 17日

昨年の調査によると、企業の80%以上がマーケティングに動画を使用していて、マーケティング担当者の90%以上が動画を重要なマーケティング戦略と見なしているそうです。彼らにはその理由は明らかです ! 2018年に、1 日 1.5 時間、人々に視聴されていた動画コンテンツは、2022年には1 日平均2.5 時間に増加しました。 マーケティング動画コンテンツの制作と消費が増加していることは明らかです

でもそれは、動画と文章どちらが優れているか、争っていることを意味するものではありません。動画マーケティングがビジネスに重要な役割を果たしているのと同じように、文章によるコンテンツマーケティングも重要な役割を果たしています。 両方の戦略を最も効果的にする方法を見てみましょう。

動画コンテンツ

この章では、動画コンテンツマーケティングとは何か、それを消費する傾向の背後にある理由とは、そしてなぜ動画マーケティングを使う必要があるのか、という 3 つのレベルで説明をしていきます。

動画コンテンツマーケティングとは何か?

動画コンテンツマーケティングには、動画コンテンツの制作と、共有による認知度の向上、エンゲージメントの創出、そして売上の促進が含まれます。 この強力マーケティング戦略を使って、製品やサービスを宣伝し人々に伝えてみませんか?

どうやるの?

動画を見ることは、自動で、受け身のプロセスです。見る人に多くのエネルギーや労力を必要としません。

だから人々は動画コンテンツを選択するのです。特に「ブラウジング」の状態では、人はコンテンツを見るためだけにサイトに来るようになります。 何かを楽しみたいからです。

動画コンテンツを見ている間、人はしばしば没頭し、画面との共感的なつながりを生み出します。感情的なつながりは記憶に残るインパクトを残します。そのために、ブランドはいい印象を与えることができます。

また、動画コンテンツが特にスマホユーザーに効果的であることもわかってきました。Facebook によると、人々は毎日スマホで動画を見ていて、その割合はパソコンよりも1.5 倍も高くなっています。

なぜマーケターは動画を使うのか

動画がどのように機能して、人々がいつ動画を選択しているかを見てきました。

Vlog(動画のブログ)を使う場合に知っておくべきメリットがいくつかあります。

動画は自然と注目を集めます。 人々の目は、無意識のうちに現場の動きを追ってしまうのです。

“再生ボタンはウェブ上で最も説得力のある、行動を促すフレーズだ。”

マイケル・リット

一旦ボタンがクリックされると、動画コンテンツマーケティングのエンゲージメント率は最も高くなります。 理由は簡単。動き、音、文章を組み合わせることができるからです。 このように、ビデオはサイト上での滞在時間を増やすのに便利です。 また、滞在時間が長くなると検索エンジンからの信頼性が増します。サイトのコンテンツが優れていることを検索エンジンに知らせることもできます。 これにはどんなベネフィットがあるでしょうか? そう、検索エンジンの最適化(SEO)とアクセス数が、どちらも動画によって改善できるのです!

動画は簡単に共有できます。SNSで動画が話題になったり共有されたりすると、会社やショップの認知度と好奇心が高まります。

さらに、最近の調査では、動画は購入意欲を82% 高めることができるとわかっています。 別のレポートでは、消費者の73% が、製品を説明するブランドのビデオを見た後、購入する可能性が高くなると報告されています。すごいでしょう!

文章コンテンツ

多くのデータと情報は、動画コンテンツの方が文章コンテンツよりも優れていることを示しています。文章コンテンツの作成が依然としてビジネスにとって重要である理由をいくつかご紹介します。

コンテンツライティングとは?

マーケティングのためのコンテンツ作成には、ブログの投稿や記事、ニュースレター、製品の説明文、特定のソーシャルプラットフォームや動画スクリプトのコンテンツの作成が含まれます。

どう機能するか?

読むことは活発な活動です。そしてそのプロセスは、中身への考えを生み出したり、精神的構造を活性化します。 読むことは「内なる声」に働きかけるのです。

文章コンテンツは、特定のニーズを持ってサイトにアクセスする、目的が決まっているタイプの訪問者によく利用されます。 決まったコンテンツを読んだり、製品を購入したり、最新ニュースを入手したりするなど、自分が何を求めているかを正確に知っています。

文章の好みは、自分でコントロールしている感覚にも関連しています。 環境をコントロールしているという認識が無意識のうちに失われる動画の消費とは対照的に、一部の人々は運転席にとどまって、自分で運転をする必要があるのです。

最後に、書かれた文章は簡単にスキャンできます読者は、あまり興味のない部分を飛ばして、重要な箇所に戻り、情報収集のペースを自分で調整できます。 記事やブログ投稿を開くと、その長さをすぐに確認し、要点をざっと読むことができます。

なぜマーケターは文章を使うのか

一般的に、文章コンテンツの作成は簡単です。 そのため、ブログとvlogのどちらにするか決めるとき、企業は多くの場合、ブログを好みます。

文章コンテンツマーケティングの場合、追加の道具は必要なく、編集は校正と見直しのみです。 コストは、主にコンテンツに携わる人々 (いる場合はコピーライター、デザイナー、SEOスペシャリスト) の給与によって発生するのみです。

さらに、マーケティングコンテンツの作成は、投稿するプラットフォームに応じて再利用および調整が簡単です。 もともとFacebook用に作成された文章でも、文章を短くしてトーンをよりカジュアルに調整することで、Instagramのキャプションまたはツイートに変換できます。

一つの動画をどこででも使うのは、機能的ではない。

文章のコンテンツマーケティングは適応性が高いように思えますが、それは会社のSEOとどのように関係しているのでしょうか? 文章の方がSEOへの効果が高いのです。 驚きましたか? 文章コンテンツマーケティングでは、複数のキーワードを記事全体に分散させることができ、ランキングに大きな影響を与えられます 特に、人々が特定の質問への回答を必要とする時は、文章コンテンツの出番。 その場合、人々はSNSやプラットフォームではなく、検索エンジンを頼るからです。

コンテンツを機能させるには

文章や動画コンテンツマーケティングについてと、両方を行うことがいい理由がわかりましたか。

練習に移りましょう。 コンテンツを企画・制作する際、最も重要な要素は常に目的です。

“人は、何をするかではなく、なぜそれをするのかにお金を払う。.”

サイモン・シネック

目的を明確に – 楽しませる、知らせる、教育する、感動させるに関わらず–そして以下の3つのステップを踏んでみましょう。

  • 想定されるターゲット層を決めて、理想的な顧客を探しましょう。

  • ターゲット層にとって有益な、あるいは興味深いコンテンツは何かを決めましょう。

  • コンテンツに最も適した形式を選択しましょう。 例えば、浴室のタイル張り方は、動画で紹介した方が、視聴者がタイル張りの工程を見ることができて便利です。複雑なレシピは、必要な情報をすべて記載した文章として処理するのが適切でしょう。

目標を意識した動画にする

ここまでくると、あなたはすでにビジネスのための動画マーケティングのメリットと、人々がそれを選択する理由についてわかってきたと思います。これまでの知識も、あなたのプランニングの各ステップをしっかりサポートしてくれるはずですが、これで終わりではありません。まだまだ説明は終わっていません。

目標に合った動画マーケティングコンテンツの種類を選択します。ブランドの認知度を上げたい?イベントのチケットをもっと売りたい?新製品を紹介したい?では、最も一般的な動画マーケティングの種類を見てみましょう。

ビデオマーケティングコンテンツの種類

  • デモ動画   視聴者をソフトウェアの使い方ツアーに導いたり、製品の箱を開ける様子を見せたり、実際の製品を試したりすることができます。

  • ブランド動画 – 会社のビジョン、ミッション、コアバリューを紹介します。

  • イベント動画 – 会議を主催したり、スポーツレースを開催する予定ですか?人々を招待し、イベントから興味深いインタビューや瞬間を公開しましょう。

  • エキスパートインタビュー  社内の専門家や業界のインフルエンサーへのインタビューを計画、顧客に提供します。

  • How-To 動画 顧客に新しいことを教えたり、製品やサービスを理解してもらう動画です。

  • 説明動画  企業のコアなバイヤーペルソナのフィクションの旅を撮影し、製品を購入することで課題を解決することを示します。

  • アニメーション動画  強力なビジュアルを使用して、抽象的なサービスや複雑な概念を説明します。

  • お客様の声動画 – 満足していたり、ファンになってくれている顧客を撮影します。

  • ライブ動画 視聴者に、普段公開していない会社の舞台裏を特別に見せることができます。

  • 360°動画  視聴者がサービスや製品をあらゆる角度から見ることができるようにスクロールさせることができます。

あなたの動画に適したプラットフォームを選ぼう

動画を共有する場所を決めます。プラットフォームを選択する際に、動画の長さとトーンに注目しましょう。これは特にソーシャルメディア向けの動画マーケティングに当てはまります。 YouTubeから始めましょうか。ここでの動画は長くて有益なものが好まれます。また、トーンも楽しいものからフォーマルなものまで様々です。

TikTokは、ソーシャルサイトの反対側に位置しています。ここでは、主にエンターテインメントを目的とした短い動画を追加することができます。

Facebookのビデオは最長15分。トーンはフォーマルかカジュアルのどちらかになる傾向があります。

Instagramでは、3つのフォーマット、Instagram動画、ストーリーズ、リールから選択できます。Instagram動画は10分まで、他の2つは60秒が上限です。一般的に、リールは他のフォーマットよりも楽しいものになる傾向があります。

LinkedInの動画は、3秒から30分まで。トーンはプロフェッショナルであるべきです。

Twitterの動画は、最大2分20秒までです。Twitterでの動画は、楽しいカジュアルなものからフォーマルなものまで様々です。

企業サイトで動画を共有する場合、動画の長さを自由に選択することができます。ただし、その長さが動画コンテンツの目的に合っているかどうかは、常に考慮してください。

投稿の頻度を決め、それがあなたのビジネスにとって実現可能なスケジュールかどうかを判断します。 コンテンツカレンダーを作成し、効率的に運用しましょう

サイトへの動画の埋め込み方法

Webnodeの編集画面から、動画を使う方法は、こちらの説明をご覧ください。

動画コンテンツの成果を分析する

動画コンテンツの成果を分析するのにどの指標を使うか選びます

最初におすすめなのは再生回数。ユーザーがあなたの動画を見た回数です。 ブランドの認知度を高めることが目標なら、成果を測るのにわかりやすく便利です。

もう 1 つの要素は再生率です。これは、動画が視聴者にとってどの程度関連性があり魅力的かということ。 再生率は、動画を再生した人の割合を表示回数で割った値で表されます。

ソーシャル メディアを使用している場合、シェアとコメントを見ましょう。目標数のユーザーにリーチしているかどうかを知ることができます。

動画の完成再生に移りましょう。ユーザーが動画を最後まで再生した回数です。 動画の成功を測定しようとする場合、この指標は再生回数よりも信頼性が高くなります。

もう 1 つの重要な指標は完全再生率です。これは動画を再生し完了した数を、 動画の再生回数で割ったものです。完了率が低い場合、動画コンテンツがターゲットユーザーの心に響いていない可能性があります。

あなたの目標が特定の行動に特化していれば、クリック率を見てみましょう。 さらに一歩進んだのがコンバージョン率です。 Google アナリティクスは、データの整理に役立ちます。.

文章コンテンツのメリット

ビジネス向けのコンテンツ作成のメリットや、人々やマーケティング担当者がどうしてそのような選択肢を選ぶかの理由を説明してきました。実践するとすれば、コンテンツどのように見えるべきでしょうか?

注意テスト! 文章を使った場合、見る人は全体をスキャンして最も関連性の高い部分に行けます。 よかった、よく覚えてますね。 さらに、こちらの調査によると、人々は20年以上もそのような行動を行っているそうです! そのため、この行動は、文章コンテンツマーケティングで考慮すべき最も重要なポイントになります。

  • 明確で目立つ見出しとサブタイトルを使う
  • 情報を前面に配置する
  • 箇条書きや太字などの書式設定テクニックを実践する
  • わかりやすい言葉を使う
  • 1段落ごとに 1 つのメッセージを入れる
  • 文字数を少なく、文章は短くする

書式や、共有する場所を決めることも、文章コンテンツに重要な手順です。 同時に、コンテンツ作成マーケティングの手法は、さまざまなプラットフォームでさまざまなスタイルに柔軟に変換できます。

その後、投稿する頻度を決定し、コンテンツの成果を分析するための指標を選択します。一旦このプロセスを始めれば、さまざまな方法に応用できます。例として、赤川温泉のサイトをご覧ください。上記ポイントがうまく出ています。

文章コンテンツの成果を追跡しよう

ビジネス目標への達成度を把握するのに最適な KPI (主要業績評価指標) を決めます。

KPIの例:

  • 生成された自然アクセスの量
  • 行動を促すフレーズ(CTA)のクリック数(例:サイトへの登録など)
  • クリック率(CTA)ー クリック数を訪問者全体の数で割った値 x 100
  • コンバージョンの合計数 ー CTA をクリックした後に実際に登録した人の数
  • 全体的なコンバージョン率  コンバージョン数を訪問者数で割った値 x 100

動画マーケティングのアイデアについては、後日別の記事でご紹介する予定です。

ブログの始め方や詳細なワークフローはこちらを参照ください。